So-net無料ブログ作成
検索選択

甦る古代ロマン ~幻の宮~ 『斎宮』 【三重県明和町 斎宮】 [謎の《北緯34度32分》太陽の道]

今回は《北緯34度32分》太陽の道の旅・・・ 『斎宮』(さいくう) に来ています。

北緯34度32分ツーリング5_R.jpg

IMG_1615-2_R.jpg

IMG_1469-1_R.jpg

IMG_1409_R.jpg

自分は三重県に住んでいながら『斎宮』へは今回が初めての訪問です。 伊勢神宮や鳥羽へはよく行くのですが・・・(笑)
ちなみにこの日は4/29です。^^




というわけで、まずは「斎宮」のことを知るために「斎宮歴史博物館」に行ってみます。^^

IMG_1291_R.jpg

IMG_1606-1_R.jpg

IMG_1300_R.jpg

「斎宮歴史博物館」・・・緑に囲まれたとっても素敵な博物館ですね。




IMG_1306_R.jpg

IMG_1303_R.jpg




エントランスもいい感じですね。 女官が迎えてくれます。^^

IMG_1374-1_R.jpg




では展示室へ・・・

IMG_1317_R.jpg

IMG_1321_R.jpg
【斎宮寮復元模型】


斎宮(さいくう)は「いつきのみや」とも呼ばれていて、飛鳥・奈良時代から660年間の長きに渡って存在した、神に仕える斎王の宮殿と斎宮寮(さいくうりょう)という役所のあったところです。 ・・・ →  詳しくはコチラ


こちらの展示室では斎王制度が整い最も繁栄した平安時代の様子が紹介されています。

IMG_1333_R.jpg

華やかですね~。^^




ここでは斎王の居室が原寸大で復元されてます。^^

IMG_1370-1_R.jpg

IMG_1350_R.jpg

奥の上位のお方こそ斎王さまですね。^^




斎王は、天皇に代わって伊勢神宮の祭祀をおこなうため、天皇の代替りごとに皇族女性の内親王や女王の中から選ばれて、都から伊勢の斎宮へ遣わされました。

IMG_1348-1_R.jpg

IMG_1347-1_R.jpg

斎宮への出発のとき、天皇は斎王の額髪に小さな櫛を挿し、「都の方におもむきたもうな」と告げます。斎王は、都の方を振り返ることも許されぬまま、出発しなければなりません。

「別れのお櫛」と呼ばれる儀礼ですね。よっぽどのことがない限りは帰ることが許されない別れの旅立ちなんですね。




IMG_1345_R.jpg




斎王が伊勢神宮へ赴くのは、1年のうち6月と12月の月次祭と9月の神嘗祭の3回だけなのですが、斎宮では、都に準じた様々な祭祀や年中行事が行われました。

IMG_1324_R.jpg

IMG_1329_R.JPG

斎宮においても斎王は祈りを捧げる日々を過ごしながら、ときには貝合せをしたり、歌を詠んだり、都と変わらない生活をしていたようです。




おおっ、斎王の食事が再現されていましたよ。^^

IMG_1352-1_R.jpg

IMG_1353-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

IMG_1356-1_R.jpg

IMG_1358_R.jpg

美味しそう~。^^

すずき・鯉・鯛の刺身とかサザエの焼き物とか、季節の果物とかお菓子などもありますね。 料理にはあまり下味がついてなくて、つけダレにつけて食べていたようです。^^




さて、ちょっと休憩してから斎宮跡へ行ってみますか。

IMG_1377-1_R.jpg

IMG_1380_R.jpg
【コーヒーぜんざい】
パッと見ぜんざいなので、口に入れた瞬間違和感がありますが、あずき入りコーヒーフロートだと思えば普通に美味しいです。(笑)





IMG_1397_R.jpg

IMG_1394_R.jpg

斎宮歴史博物館のあたりは昭和45年に斎宮跡を最初に発掘した場所で、現在は「古里ひろば」という緑豊かな公園として整備されています。 とっても気持ちいい公園です。^^



IMG_1406-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

「斎宮跡」は、東西約2キロメートル、南北約700メートルに及び、約137ヘクタールもの広大な面積を有しています。
昭和45年(1970年)に始まった発掘調査は40年以上におよび現在も続けられています。

詳しくは・・・ → コチラ




それでは奈良古道を通って「斎宮跡」へ・・・

IMG_1413_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

IMG_1414_R.JPG

IMG_1419_R.jpg

IMG_1420_R.jpg

この奈良古道のあたりも斎宮があった場所なんですね。今ではすっかり畑になっていますが・・・。^^



で、驚いたことに・・・

IMG_1435_R.jpg

IMG_1436_R.jpg

IMG_1438_R.jpg

この辺の畑には木が生えたままなのです。 普通の畑だと木が生えてたら邪魔なので切り倒してしまいますよね。^^
600年以上もの長きに渡って存在した斎宮の跡地に生えた木なので、この辺の方たちにとって斎宮跡の木を切り倒すことはとても畏れ多いのかも・・・。^^
ここに住んでる皆さんの斎王を慕う心と優しさが感じられてとても嬉しくなりました。^^




さて、斎宮跡歴史ロマン広場にやってきました。

IMG_1446-1_R.jpg



斎宮は伊勢神宮への参宮街道沿いにありますが、伊勢神宮内宮へは15kmほどの距離があって、当時の伊勢神宮の勢力範囲「神郡」の西端に位置しています。伊勢神宮にもっと近かったら便利なのにって思いますよね。 何故この位置に斎宮があるのか・・・ 斎王あるいは天皇の威儀を伊勢神宮への行列をもってして示したのではないかとか、神宮との関係のためとか、諸説あるようですがはっきりとはわかっていないようです。

IMG_1456-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

IMG_1451-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

斎宮跡の近くには「櫛田川」の支流「祓川」(はらいがわ)が流れてて、斎王は「祓川」で禊ぎをしてから斎宮に入ったようです。

「櫛田川」は古来「倭姫命」(やまとひめのみこと)が天照大神の鎮座地をもとめて諸国を巡行の際、この地で櫛を落としたことからこの名前が付いたとされるなど「倭姫命」と「天照大神」との関係が深い川です。

斎王が都を出発する際に、天皇から斎王の額髪に小さな櫛を挿してもらう儀式も、「櫛田川」の支流「祓川」で禊ぎを行うのも、伊勢神宮起源伝承で知られる斎王「倭姫命」に関係しているのかもしれません。

個人的にですが斎宮がこの地にある理由は、斎宮から先は神宮の神域で「倭姫命」ゆかりの「櫛田川」の支流「祓川」で禊ぎを行うことに意義があったのではないかなって思います。^^

IMG_1467-1_R.jpg

IMG_1468-1_R.jpg

IMG_1481_R.jpg

歴史ロマン広場を歩いているとその広さに驚きます。



何だか平城宮跡へ行ったときのことを思い出しました。 規模はもちろん平城宮跡の方が広いのですが・・・

IMG_1485-1_R.jpg

だって、斎宮跡にも鉄道が横切っているんだもん・・・。(笑)




歴史ロマン広場では10分の1の模型で斎宮が再現されています。

IMG_1512-1_R.jpg

IMG_1505_R.jpg

IMG_1507_R.jpg

IMG_1508-1_R.jpg

IMG_1516-2_R.jpg

ミニチュアの斎宮もいい感じですね。^^



斎宮跡はとても広いので、「斎王の森」へはバイクで行くことにしました。

IMG_1550_R.jpg

IMG_1613_R.jpg

IMG_1560_R.jpg
【斎王の森】
斎宮は飛鳥・奈良時代から南北朝時代の建武の新政が終わるころまでの660年間存在しましたが、斎宮が廃れたあとは「幻の宮」としての伝承が残るのみでした。ただこの場所だけは斎王の御殿があった場所として「斎王の森」と呼ばれて残されてきたそうです。
この森は旧斎宮村の村有地だったのですが、昭和33年に伊勢神宮に寄付されて、現在は伊勢神宮の神宮司庁が管理しています。

IMG_1554_R.jpg

IMG_1558_R.jpg

ここの鳥居は黒木の鳥居なんですよね。 驚きました~。^^
自分も丹後の元伊勢内宮と元伊勢外宮でしか見たことありません。


IMG_1563_R.jpg

IMG_1565_R.jpg





斎宮跡の道沿いには「歴史の道」の歌碑がならんでいました。

IMG_1583_R.JPG

IMG_1589-1_R.jpg

斎宮に関係ある歌が並んでいましたが、西行が歌った歌もありました。^^


いつかまた いつきの宮の いつかれて しめのみうちに ちりをはらはん
何時になったら、また斎王が潔斎をなさって、注連がめぐらされた御内に、塵を払ってお仕えになることだろうか。


大河ドラマ「平清盛」で、藤木直人さん演じるモテモテの西行さまが、かつて斎宮へも訪れていたみたいですね。
西行が来たときは、平家滅亡の頃の斎王不在の時代だったようです。斎宮も荒れ果てて塵がかぶってる様子がうかがえますね。




さてさて、Ninja250Rの後ろに見えるのが「いつきのみや歴史体験館」です。

IMG_1625_R.JPG

IMG_1545_R.jpg

IMG_1532_R.jpg

いつきのみや歴史体験館では、斎王たち王朝人の平安時代の遊びや生活文化を体験できるそうですよ~。^^




お休み処で、ちょっと休憩~。

IMG_1629_R.jpg

IMG_1641-1_R.jpg

IMG_1633_R.jpg

この大吟醸アイスに魅かれましたが、少しアルコール分があるようなので諦めました~。バイクなので・・・。TT



お腹すいたので昼飯ですね~。^^

IMG_1635_R.jpg
【伊勢うどんと焼きおにぎり】
伊勢うどんは伊勢に来たときにしか食べてないですね~。


IMG_1637_R.jpg

IMG_1639_R.jpg

久々の伊勢うどんでしたが、美味しゅうございました~。^^v





幻の宮「斎宮」・・・

IMG_1327_R.JPG

かつて存在した幻の宮は長らく人々の記憶から忘れ去られていたけれども、昭和の時代の発掘とともにその存在が垣間見えるようになってきました。

毎年6月の初旬に『斎王まつり』が行われています。今年は6月の2日と3日に行われます。 → コチラ

今年で30回を迎える『斎王まつり』ですが、これからも華やかなりし斎宮のかつての風情を平安絵巻そのままに伝えていってもらいたいものです。^^




IMG_1710-1_R.JPG




《北緯34度32分》太陽の道の旅はこれからも続きます。 あの空の向こうをめざして・・・



nice!(23)  コメント(28)  トラックバック(0) 

nice! 23

コメント 28

アルマ

斎宮の存在自体は知っていましたが、記念館があるのは知りませんでした(^_^;)
今でも発掘作業をしているというのは驚きですね!
畑の木は、やはり切り倒すなどとんでもないって考えからでしょうね!
森をずっと守ってきた土地柄がそうさせるのだと思います(^O^)/
黒木の鳥居、伊雑宮にもあるらしいですが、まだ行っていないのでよくわかりません(^_^;)
嵐山の野宮神社もそうみたいですね!全然覚えてないけど・・・( ;´Д`)
by アルマ (2012-05-27 23:44) 

響

歴史たっぷりのツーリングですね。
畑に残る木がすごいです。
でも木陰が出来て一休みにはいいかも。
コーヒーぜんざいとは思いつかないコラボです。

by (2012-05-28 02:17) 

ソニックマイヅル

こんにちは。伊勢うどんと、この焼きおにぎりの色艶、最高でございます。伊勢うどんは結構太麺なんですね。^^;
by ソニックマイヅル (2012-05-28 11:51) 

かいかい

こんばんは。
斎宮行ったんですね。
と言うのも
自分も昨年の2月でしたが天気の良い時に
ぷら~っと行きましたよ。
静かな中にある歴史博物館といつきのみや歴史体験館にも
行きましたが伊勢うどんと焼きおにぎりセットは
食べなかったので次行く時は食べようかな^^

いつき茶屋ではコーヒー飲んだだけですが
その時、学校の先生が話し掛けてくれて
色々と斎宮のお話聞けたのを思い出しました。
by かいかい (2012-05-28 20:00) 

Sazaby

Wikipediaに載っている歴代斎宮を見ると、
だんだんと期間が短くなって、間があいたり”群行せず”とか…

やっぱり都を離れるのは嫌なんでしょうかね??
by Sazaby (2012-05-28 20:41) 

hanamura

斎王は悲劇(?)可愛そうなイメージがあって・・・うるうる。
そのためか、斎王宮跡がこんな場所とは、今まで知りませんでした。
う~ん妄想しがいが、ある場所!石垣は見えないけど行きたいです!
by hanamura (2012-05-28 21:18) 

ANIKI

今は畑になっているようですが、昔と同じでのどかな雰囲気。
木を切らない事も土地を大切にしている表れでしょうね^^。
コーヒーぜんさい!?チャレンジしてますね~。。でも食べて見たいな(笑)。

by ANIKI (2012-05-29 07:22) 

yosi

昭和40年から発掘が続いてているとは、やはり広大な大きさなんでしょうね。
ところで伊勢うどんって、醤油の中にうどんが入っている感じなんでしょうか。(^^ゞ

by yosi (2012-05-29 16:45) 

ねじまき鳥

斎宮の食事は豪華ですね。

by ねじまき鳥 (2012-05-29 22:05) 

susumu

◇アルマさんへ
自分も今回初めて斎宮を訪れました。もちろん記念館も始初めてでした。^^
記念館で斎宮のことを勉強してから斎宮跡に行ったので、今は何もない広場でしたが、かつての斎宮のようすが想像できて感慨深かったです。^^
600年以上も存在した斎宮ですから、代々語り継がれてきた特別な場所なのでしょうね。^^
黒木の鳥居・・・魅かれます。^^
by susumu (2012-05-29 22:35) 

susumu

◇響さんへ
畑の木々はとても印象的でしたね~。
確かに農作業の途中、木陰で一休みなんかいいでしょうね。長閑だ~。^^
コーヒーぜんざいはコーヒーフロートにアズキが入ったものですが、器が和風なので食べた瞬間違和感が・・・
脳内ではぜんざいなんですけどね~。(笑)
by susumu (2012-05-29 22:45) 

susumu

◇ソニックマイヅルさんへ
伊勢うどんは伊勢に行ったときにしか食べてないですね~。
久々の伊勢うどんでしたが美味しかったです。^^
伊勢うどんの特徴は麺が太くて柔らかいのです。
もともと江戸時代、お伊勢参りの多くの参拝客にすぐ提供できるメニューとして作られたうどんらしいです。^^
by susumu (2012-05-29 22:57) 

susumu

◇かいかいさんへ
2月に斎宮へ行かれたのですか~。^^
自分は今回初めての訪問でした~。神宮とか鳥羽へはよく行くのですが、途中で斎宮へ寄り道しちゃうと目的地に行けない気がしてなかなか・・・。(笑)
とっても素敵なところだったので、もっと早くに来るべきだったな~なんて思いました。
出来るなら斎王の御殿を復元して欲しいデス。^^
いつき茶屋は斎宮跡をブラブラした後にちょっと休憩なんていいですね。
今度は大吟醸アイスを食べてみたいです。^^
by susumu (2012-05-29 23:32) 

susumu

◇Sazabyさんへ
600年以上続いた斎宮も平安時代が一番輝いていたときでしょうね。
武士の世になってくると、だんだん斎王制度も形骸化してきたようです。
権力と財政的な裏付けがないと斎宮を維持するのはなかなか難しいのでしょうね。^^
うら若き斎王は神に仕える晴れがましさよりも、住み慣れた都や別れの悲しさの方が強かったかもしれませんね。
by susumu (2012-05-30 00:40) 

susumu

◇hanamuraさんへ
一度斎王として旅立てばなかなか帰ることの許されない身ですから・・・
「別れのお櫛」と呼ばれる儀礼はちょっと悲しくてグッときます。
自分も初めて斎宮跡を訪れましたが、とても素晴らしいところでした。
歴史博物館は映像とかも見れてとても勉強になりました。^^
ここは思う存分妄想できます・・・。^^
by susumu (2012-05-30 00:52) 

susumu

◇ANIKIさんへ
奈良古道あたりはとっても長閑ですね~。
とってもいい雰囲気です。^^
斎宮は600年以上もそこにあって神に仕える斎王さまがいらっしゃったのですから、やっぱりここは地元の人たちにとって特別な場所なのでしょうね。^^
コーヒーぜんざい・・・あずきとアイスは大好きなのでチャレンジしてみました。^^
by susumu (2012-05-30 01:03) 

susumu

◇yosiさんへ
とにかく広大な広さなので、発掘調査は40年かけて全体の20%ぐらいしか終わってないみたいです。
発掘調査が完了するのは、単純に計算してあと160年ぐらいかかるのでは・・・(笑)
伊勢うどんは麺が太くて柔らかくて、たまり醤油ベースの甘辛タレでいただきます。
とってもシンプルなうどんです。^^
by susumu (2012-05-30 01:18) 

susumu

◇ねじまき鳥さんへ
斎王の食事が再現されていましたが、とっても華やかですね。
この再現された料理は日常的なものでなく儀礼的な料理みたいです。
それにしても美味しそうですね。^^
当時の料理は下味があまりついてなくて、つけダレで食べてたみたいです。^^
by susumu (2012-05-30 01:39) 

マチャ

斎宮歴史博物館、興味津々です(*^_^*)

by マチャ (2012-05-30 11:18) 

susumu

◇マチャさんへ
三重県に住んでいながら斎宮へは今回が初めての訪問でした。
もちろん斎宮歴史博物館も初めてでしたが、緑に溶け込んだとっても雰囲気のよい博物館でした。
やっぱり斎王ゆかりの宮なので華やかな雰囲気が素晴らしかったです。
のんびりと古代ロマンを楽しんできました~。^^
by susumu (2012-05-30 20:30) 

yasukun

滋賀県の国1を走っていると土山にも斎宮跡という看板が・・・
滋賀にも斎宮頓宮跡があったのですか?
どちらの頓宮跡が古いのかわからないのですが、
伊勢神宮から遠いので明和町に引越ししたんですかねェ^^;
by yasukun (2012-06-03 21:34) 

susumu

◇yasukunさんへ
滋賀県から三重県へ・・・ 鈴鹿峠の手前、土山の国1沿いに頓宮跡がありますね。^^
都から伊勢の斎宮までは5泊6日の旅で、斎王がお泊りになる頓宮の一つが「垂水頓宮」で、それが土山の頓宮跡だと言われています。
鈴鹿峠をはさんで、土山と関に頓宮があったみたいですので、当時の鈴鹿峠越えは本当に大変なことだったと思います。
by susumu (2012-06-03 22:21) 

POP

おはようございます。
斎王の存在を初めて知りました。
非常に興味深く記事を拝読させていただきました。
食事の内容は意外です。
儀式などを行う者は食べるものも、
しばりが強いのではないかと思っていました。
不可能ですが、その時代に行ってみたくなりますね。(^.^)
by POP (2012-06-04 08:56) 

ゆき

お久しぶりですsusumuさん(*^_^*)
お元気にされてるようで何よりです(^_-)-☆
斎王の宿命は厳しくも華やかなものですね♪
当時の食事も豪華で漬けだれメインで頂く所なんかフランス料理の
ソース文化にそっくりですねヽ(^o^)丿
また、時々こちらに遊びに来ます♪
by ゆき (2012-06-06 22:02) 

susumu

◇POPさんへ
斎宮は斎王制度が廃絶してから700年近くも幻の宮として語られるのみでしたから、一般的にはあまり知られていませんね~。自分も斎宮跡は初めての訪問でした。^^
斎王は神事を行う前には身心を清める禊ぎや潔斎(けっさい)を行っていたみたいですが、食事に関しては現在でも神宮で行われている、神様への食事のお供えに準じている気がします。伊勢神宮外宮の『豊受大神』は、穀物だけでなく海の幸・山の幸を含めた多くの食べ物の神様ですからとっても豊かな感じがしますね。^^
by susumu (2012-06-06 23:08) 

susumu

◇ゆきさんへ
お久しぶりです。^^
訪問していただいて本当に嬉しいです。
自分はあいかわらずマイペースで更新しています・・・。
また時間があるときにちょっとだけのぞきにきて下さいね。^^
幻の宮「斎宮」へは自分も初めての訪問でした。^^
はじめに「斎宮歴史博物館」に行って良かったと思います。
知らないことだらけで、とっても勉強になりました。^^
by susumu (2012-06-06 23:28) 

ももず

遅くなりました・・・<(_ _)>
斎宮・・・初めて聞きました
実は伊勢参りもまだなので(鳥羽には行ったことがあるのですが)
いずれ行きたいと思っておりますのでここも寄りたいなぁ
伊勢うどん美味しそうですぅ(そこかいっ) (^_^;)
by ももず (2012-06-08 18:22) 

susumu

◇ももずさんへ
自分は三重県に住んでいるのですが、斎宮へは初めての訪問でした。^^
斎宮跡は一部が広場とかになっていて、1/10の建物の模型とかあります。
まずは斎宮歴史博物館でかつての斎宮がどんなものだったか知るのもいいかもです。^^
自分も伊勢うどんは伊勢に行かないとなかなか食べないですね。
太くてとっても柔らかいうどんですよ~。
by susumu (2012-06-10 19:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。