So-net無料ブログ作成

大自然との調和が美しい『女人高野 室生寺』 【奈良県宇陀市 室生寺】 [謎の《北緯34度32分》太陽の道]

今回は『謎の《北緯34度32分》太陽の道』の室生寺(むろうじ)に来ています。^^

IMG_3420-1_R.jpg

室生寺は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院です。



ここデス。^^

北緯34度32分ツーリング5-3_R.jpg




駐車場にバイクを止めて、室生川沿いを歩きます。

IMG_3435_R.jpg

奥深い山と渓谷にかこまれた室生寺辺りはとってもいい雰囲気です。^^



太鼓橋を渡った所に見えてまいりました表門です。

IMG_3472_R.jpg

IMG_3487_R.jpg
【女人高野 室生寺】



IMG_3920_R.jpg

創建は奈良時代の末期で、室生寺が真言宗の寺院となったのは江戸時代の元禄のころのようです。かの高野山は女人禁制だったのに対して、室生寺は女性の参詣が許されていたことから「女人高野」と呼ばれていたそうです。^^



IMG_3494_R.jpg

IMG_3498_R.jpg



仁王門の方へ歩いていくと、面白そうなもの発見!

IMG_3501_R.jpg

IMG_3502_R.jpg
【焼却炉】
環境問題等により、今ではすっかり見ることのなくなった『焼却炉』です。 昭和のノスタルジックを感じますね~。^^



IMG_3503_R.jpg

この蓋の割れかげんなんて、とってもいい感じですよね~。^^




室生寺の境内はこんな感じデス。^^

室生寺境内図.jpg




まずは仁王門の方へ・・・

IMG_3512-1_R.jpg

IMG_3525_R.jpg

落ち着いた朱色ですね。 堂々としたものです。



IMG_3551_R.jpg

IMG_3538_R.jpg

IMG_3559-1_R.jpg

深い緑と色鮮やかな緑のコントラストが美しいです。^^



石段の鎧坂を上って行くと金堂(平安初期・国宝)がありました。

IMG_3884_R.jpg

IMG_3579-1_R.jpg

当時は見事な朱色のようですね・・・ 歴史を感じます。



IMG_3576_R.jpg

金堂の左に弥勒堂(鎌倉時代・重文)があります。




金堂左手の石段を上ると・・・

IMG_3873_R.jpg

IMG_3624-1_R.jpg
【灌頂堂】 (本堂・鎌倉時代・国宝)
ここは真言密教の最も大切な法儀の「灌頂」を行なうお堂のようです。



ここにあるすべてのものが自然と溶け込んでいます。^^

IMG_3874-1_R.jpg

IMG_3878_R.jpg

IMG_3871_R.jpg

IMG_3605_R.jpg



IMG_3652_R.jpg

鎌倉時代後期、延慶元年(1308年)の建立だそうです。柱に刻まれた一つ一つのすじが皺のように感じられて長い年月を忍ばせます。




さらに石段を上ると・・・

IMG_3657_R.jpg

IMG_3678_R.jpg
【五重塔】 (平安時代初期・国宝)
屋外にある木造五重塔としては法隆寺塔に次いで2番目に古いそうですが、総高16.1mで、屋外に建つ五重塔では最小のものだそうです。日本一高い東寺の五重塔が55mなので、その3分の1ほどの高さデスネ・・・。^^




さて、ここからは奥の院を目指して大自然の石段を上っていきます。

IMG_3676_R.jpg

IMG_3701_R.jpg

IMG_3705_R.jpg

IMG_3712_R.jpg

IMG_3731_R.jpg

巨大杉の根っこがスゴイです。 樹齢どれ位なのかな・・・。^^




IMG_3733_R.jpg

奥深い山の神秘的な雰囲気の中、延々と連なっている石段を見上げると何だか不思議な感じがしてきます。^^




奥ノ院が見えてまいりました。^^

IMG_3734-1_R.jpg

IMG_3746_R.jpg

IMG_3755-1_R.jpg




IMG_3808-1_R.jpg

IMG_3773_R.jpg
【常燈堂】 (位牌堂)



IMG_3799_R.jpg
【御影堂】 (大師堂・鎌倉後期・重文)



奥ノ院からの眺めは素晴しいデス。^^

IMG_3774-1_R.jpg

IMG_3781_R.jpg

IMG_3780-1_R.jpg

方角からいって、あの山の向こうに日が沈むのでしょうか・・・。 あの山の向こう・・・「太陽の道」は長谷寺・三輪山へと続きます。^^




IMG_3792_R.jpg
「ん!」



放水銃発見!^^

IMG_3794_R.jpg

金閣寺以降、こうやって文化財は火災から守られているのですね。 これは自動で放水角度が変えられるヤツかな・・・。^^




さて、室生寺の奥ノ院まで上って来ましたので、あとはゆっくりと下っていきます。

IMG_3822-1_R.jpg

IMG_3828_R.jpg




聖域から下界に降りたあとは、門前をのんびりと散策~。^^

IMG_3442_R.jpg

IMG_3931_R.jpg

IMG_3928_R.jpg

”だらにすけ”・・・???



IMG_3948-1_R.jpg

よく見ると「正露丸」のような胃腸薬でした。 その昔、陀羅尼さまが作った胃腸薬なのでしょうか。^^




それにしても、メッチャ暑いのでカキ氷でも食べましょうか~

IMG_3927-1_R.jpg

IMG_3935_R.jpg

IMG_3936_R.jpg

いや~昭和な感じの喫茶店、最高です!^^



IMG_3945_R.jpg

美味しい~。 生き返りますね。^^




大自然に溶け込んだ室生寺は本当に素晴しかったです。
女人高野と呼ばれて、女性の参詣が許されていた室生寺は神秘さと美しさを感じられる素敵なお寺でした。^^




nice!(16)  コメント(22)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 22

Sazaby

あの階段、しんどかった…
今の時期は登りたくないですね^^;
by Sazaby (2012-07-28 22:34) 

アルマ

このクソ暑い中、川を見ると気分が涼やかになりますね(^O^)/

いつも思うのですが、これだけのモノを昔の人は人力で柱などの木材や階段などの石を運んでここまでのモノを作っていたんですよね・・・
そう思うと信仰心ってすごいですよね(@_@;)

ああいった感じの焼却炉、昔学校にあったような気がしますね~懐かしいです(*^_^*)

by アルマ (2012-07-29 00:17) 

susumu

◇Sazabyさんへ
あの石段を見上げたときは呆然としました。(笑)
でも、小さな女の子がリュックを背負って一生懸命に登っている姿を見たら弱音は吐けないかなと・・・。
がんばって登りました。
かき氷美味しかったな・・・。^^v
by susumu (2012-07-29 07:38) 

susumu

◇アルマさんへ
やっぱり流れる水を見ていると心まで涼しくなりますね。^^
室生寺は長い歴史の中で少しづつ今の伽藍が形作られてきたみたいです。
あの石段を見たときは呆然としましたが、よくもまあ急な斜面にあれだけの距離を積み上げたものだと・・・。
長い年月をかけて少しづつ少しづつ積み上げていったんでしょうね。
最近、昭和のモノに魅かれているもので、焼却炉を見たときは思わず嬉しくなりました。^^
by susumu (2012-07-29 07:53) 

ANIKI

女人OKとは珍しいお寺ですね。
鎌倉時代の建物も綺麗に残っているんですね^^。
そういえば焼却炉は見なくなりましたね~。小学生の頃は一生懸命
ゴミを焼却炉に入れてたのを思い出しました。

喫茶むろう、いい雰囲気(^^♪。。
by ANIKI (2012-07-29 08:03) 

ソニックマイヅル

おはようございます。本日から少しの間留守にさせて頂きます。帰って来ましたらまたお伺いさせて頂きますのでよろしくお願い致します。^^;

しかし、昔の方々は本当にすごいですね!重機も無い中よく山上まで材料を持ち上げて造ったと思います。

カキ氷・・・涼を感じます!^^;
by ソニックマイヅル (2012-07-29 09:02) 

hanamura

地上の猛暑に、爽やかな画像が多数で、癒されましたぁ~。
特にラスト数枚の、杉玉とかき氷!(テヘ!笑・・・ぺろ!)
by hanamura (2012-07-29 20:01) 

かいかい

こんばんは。
室生寺、ここもゆっくり散策できるところですね。
そしてあの石段・・・けっこうきついですよね^^;
でも登らないとあの奥ノ院見れないし。
猛暑続きだと木々の木漏れ日が
涼しさ感じるけどあの階段上がると汗かきますね。
そして戻ってのかき氷は格別においしかったでしょうね。
by かいかい (2012-07-29 20:48) 

響

ひっそりとした感じで
歴史の深さを思わせてくれます。
森の中に佇む五重塔は見てみたいです。
by (2012-07-31 11:14) 

POP

こんにちは。
神社仏閣を訪ね歩くのが好きな私ですが、
日々多忙故、難しいのが現状です。
記事を拝見しながら女人高野の散策を
楽しむことができました。(^.^)
塗りに剥げ具合から、かつての栄華と
長い長い時間の流れを想像できますね。
by POP (2012-07-31 11:32) 

マチャ

室生寺、とても雰囲気の良いお寺ですよね。
奈良市内からはちょっと距離があるので、数回しか行ってませんが・・・

五重塔も、台風で壊れて再建されたときは明るい色が浮いた感じでしたが、
数年経って落ち着いて来ましたね。
by マチャ (2012-07-31 17:57) 

susumu

◇ANIKIさんへ
高野山はその昔女人禁制の真言寺院でしたが、ここ室生寺は女性の方の参詣が許されていたので、昔から多くの人で賑わっていたことでしょう。
鎌倉時代の建築物も何度か修理されながら今日に至っているのだと思いますが、あの風格は見るものを圧倒しますね。^^
自分的にはレトロな感じのものが好きなんですよね~。^^
by susumu (2012-07-31 21:17) 

susumu

◇ソニックマイヅルさんへ
素敵な船の旅ですね。楽しんできてくださいね・・・。^^
室生寺も長い月日をかけて今日見られる伽藍が出来たみたいですので、人の手で山上のお堂を組み上げていったのでしょうね。凄いことです。^^
昔懐かしい「かき氷」とはなんだろうと思いましたが、大きな氷の塊をかき氷機で削った、ふわふわなかき氷のことでした。美味しかったです。^^
by susumu (2012-07-31 21:25) 

susumu

◇hanamuraさんへ
最近、本当に暑いですね。
写真では爽やかですが、実際はハーハーゼーゼー・・・。
参拝も一つの修行ように感じられました。^^
杉玉いいですよね~。ここはお酒だけではなくて胃腸薬も売っていました。
昔のドラッグストアのような感じでしょうか・・・。(笑)
by susumu (2012-07-31 21:33) 

susumu

◇かいかいさんへ
室生寺へは初めて訪れましたが、とってもいいところですね。
国道165号から室生寺への道もバイクで走るととっても気持ちいいです。^^
あの石段・・・下から見上げると呆然としましたが、なんとか登りきりました。(笑)
五重塔から先、奥ノ院までは別世界ですね。聖域に入っちゃった感じがします。
本当に素晴しかったです。^^
本当は太鼓橋のところの橋本屋さんで蕎麦でも食べようかとも思っていたのですが、暑くて食欲がなく、かき氷にしました。
昔懐かしい「かき氷」とは、大きな氷の塊をかき氷機で削ったふわふわなかき氷のことで、とっても美味しかったです。^^
by susumu (2012-07-31 21:49) 

susumu

◇響さんへ
室生寺は歴史あるところでとってもいい雰囲気のところでした。
なんといっても大自然に溶け込んでいる伽藍・・・素晴しいです。
五重塔は平成10年の台風のとき杉の巨木が倒れてきて、屋根が上から下まで破壊されるという大変な被害を受けました。
2年かけて修復され、朱色も綺麗に塗りなおしされたのでちょっと新しく感じますね。^^
by susumu (2012-07-31 22:08) 

susumu

◇POPさんへ
女人高野「室生寺」は自然に溶け込んでいて、とっても素敵なお寺でした。^^
傍らの石までが見事に苔生してて、歴史を感じさせます。
また五重塔から先、奥ノ院への道は別世界ですね。
聖域に迷い込んでしまった感じがします。
お堂をよく見るとその昔は色鮮やかな朱色だったことがわかりますが、色落ちしたお堂もまた素晴らしい・・・。^^
by susumu (2012-07-31 22:49) 

susumu

◇マチャさんへ
室生寺は三重県に比較的近く、奈良市内からだとちょっとありますね。^^
室生寺ははじめての訪問でしたが、とってもいいところでした。
仁王門を入ると俗世とはまったく違う雰囲気で、五重塔から先はまさに秘境ですね。
五重塔は日本最小・・・。面白いですね、この発想~。^^
日本最小だげれども、杉の巨木が倒れて屋根が破壊されても心柱はびくともしなかったそうですね。^^
by susumu (2012-07-31 23:08) 

ノリパ

杉木立の中に佇む五重塔、美しいですね。見に行ってみたいデス!
by ノリパ (2012-08-04 08:54) 

susumu

◇ノリパさんへ
室生寺の五重塔は高さ的には日本で一番小さな五重塔だそうですが、近くに寄って見るとなかなかいい感じなのです。派手な朱色の塔ではなくておちついた渋めの赤色でまわりの緑に溶け込んでいる感じがします。
五重塔から先の奥ノ院はかなりハードな上りになるので、五重塔まではお気軽に楽しめます。^^
by susumu (2012-08-06 19:26) 

ねじまき鳥

不思議ですね。

by ねじまき鳥 (2012-08-08 00:14) 

susumu

◇ねじまき鳥さんへ
《北緯34度32分》太陽の道・・・不思議ですよね。^^
何故、一直線上にパワースポットの名所旧跡が並んでいるのか・・・
ここ室生寺も《北緯34度32分》上にあるのですが、大自然に溶け込んだ伽藍の素晴らしさはとても神秘的でしたね。^^
by susumu (2012-08-10 21:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。