So-net無料ブログ作成

甦る古代ロマン ~幻の宮~ 『斎宮』 【三重県明和町 斎宮】 [謎の《北緯34度32分》太陽の道]

今回は《北緯34度32分》太陽の道の旅・・・ 『斎宮』(さいくう) に来ています。

北緯34度32分ツーリング5_R.jpg

IMG_1615-2_R.jpg

IMG_1469-1_R.jpg

IMG_1409_R.jpg

自分は三重県に住んでいながら『斎宮』へは今回が初めての訪問です。 伊勢神宮や鳥羽へはよく行くのですが・・・(笑)
ちなみにこの日は4/29です。^^




というわけで、まずは「斎宮」のことを知るために「斎宮歴史博物館」に行ってみます。^^

IMG_1291_R.jpg

IMG_1606-1_R.jpg

IMG_1300_R.jpg

「斎宮歴史博物館」・・・緑に囲まれたとっても素敵な博物館ですね。




IMG_1306_R.jpg

IMG_1303_R.jpg




エントランスもいい感じですね。 女官が迎えてくれます。^^

IMG_1374-1_R.jpg




では展示室へ・・・

IMG_1317_R.jpg

IMG_1321_R.jpg
【斎宮寮復元模型】


斎宮(さいくう)は「いつきのみや」とも呼ばれていて、飛鳥・奈良時代から660年間の長きに渡って存在した、神に仕える斎王の宮殿と斎宮寮(さいくうりょう)という役所のあったところです。 ・・・ →  詳しくはコチラ


こちらの展示室では斎王制度が整い最も繁栄した平安時代の様子が紹介されています。

IMG_1333_R.jpg

華やかですね~。^^




ここでは斎王の居室が原寸大で復元されてます。^^

IMG_1370-1_R.jpg

IMG_1350_R.jpg

奥の上位のお方こそ斎王さまですね。^^




斎王は、天皇に代わって伊勢神宮の祭祀をおこなうため、天皇の代替りごとに皇族女性の内親王や女王の中から選ばれて、都から伊勢の斎宮へ遣わされました。

IMG_1348-1_R.jpg

IMG_1347-1_R.jpg

斎宮への出発のとき、天皇は斎王の額髪に小さな櫛を挿し、「都の方におもむきたもうな」と告げます。斎王は、都の方を振り返ることも許されぬまま、出発しなければなりません。

「別れのお櫛」と呼ばれる儀礼ですね。よっぽどのことがない限りは帰ることが許されない別れの旅立ちなんですね。




IMG_1345_R.jpg




斎王が伊勢神宮へ赴くのは、1年のうち6月と12月の月次祭と9月の神嘗祭の3回だけなのですが、斎宮では、都に準じた様々な祭祀や年中行事が行われました。

IMG_1324_R.jpg

IMG_1329_R.JPG

斎宮においても斎王は祈りを捧げる日々を過ごしながら、ときには貝合せをしたり、歌を詠んだり、都と変わらない生活をしていたようです。




おおっ、斎王の食事が再現されていましたよ。^^

IMG_1352-1_R.jpg

IMG_1353-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

IMG_1356-1_R.jpg

IMG_1358_R.jpg

美味しそう~。^^

すずき・鯉・鯛の刺身とかサザエの焼き物とか、季節の果物とかお菓子などもありますね。 料理にはあまり下味がついてなくて、つけダレにつけて食べていたようです。^^




さて、ちょっと休憩してから斎宮跡へ行ってみますか。

IMG_1377-1_R.jpg

IMG_1380_R.jpg
【コーヒーぜんざい】
パッと見ぜんざいなので、口に入れた瞬間違和感がありますが、あずき入りコーヒーフロートだと思えば普通に美味しいです。(笑)





IMG_1397_R.jpg

IMG_1394_R.jpg

斎宮歴史博物館のあたりは昭和45年に斎宮跡を最初に発掘した場所で、現在は「古里ひろば」という緑豊かな公園として整備されています。 とっても気持ちいい公園です。^^



IMG_1406-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

「斎宮跡」は、東西約2キロメートル、南北約700メートルに及び、約137ヘクタールもの広大な面積を有しています。
昭和45年(1970年)に始まった発掘調査は40年以上におよび現在も続けられています。

詳しくは・・・ → コチラ




それでは奈良古道を通って「斎宮跡」へ・・・

IMG_1413_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

IMG_1414_R.JPG

IMG_1419_R.jpg

IMG_1420_R.jpg

この奈良古道のあたりも斎宮があった場所なんですね。今ではすっかり畑になっていますが・・・。^^



で、驚いたことに・・・

IMG_1435_R.jpg

IMG_1436_R.jpg

IMG_1438_R.jpg

この辺の畑には木が生えたままなのです。 普通の畑だと木が生えてたら邪魔なので切り倒してしまいますよね。^^
600年以上もの長きに渡って存在した斎宮の跡地に生えた木なので、この辺の方たちにとって斎宮跡の木を切り倒すことはとても畏れ多いのかも・・・。^^
ここに住んでる皆さんの斎王を慕う心と優しさが感じられてとても嬉しくなりました。^^




さて、斎宮跡歴史ロマン広場にやってきました。

IMG_1446-1_R.jpg



斎宮は伊勢神宮への参宮街道沿いにありますが、伊勢神宮内宮へは15kmほどの距離があって、当時の伊勢神宮の勢力範囲「神郡」の西端に位置しています。伊勢神宮にもっと近かったら便利なのにって思いますよね。 何故この位置に斎宮があるのか・・・ 斎王あるいは天皇の威儀を伊勢神宮への行列をもってして示したのではないかとか、神宮との関係のためとか、諸説あるようですがはっきりとはわかっていないようです。

IMG_1456-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

IMG_1451-1_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

斎宮跡の近くには「櫛田川」の支流「祓川」(はらいがわ)が流れてて、斎王は「祓川」で禊ぎをしてから斎宮に入ったようです。

「櫛田川」は古来「倭姫命」(やまとひめのみこと)が天照大神の鎮座地をもとめて諸国を巡行の際、この地で櫛を落としたことからこの名前が付いたとされるなど「倭姫命」と「天照大神」との関係が深い川です。

斎王が都を出発する際に、天皇から斎王の額髪に小さな櫛を挿してもらう儀式も、「櫛田川」の支流「祓川」で禊ぎを行うのも、伊勢神宮起源伝承で知られる斎王「倭姫命」に関係しているのかもしれません。

個人的にですが斎宮がこの地にある理由は、斎宮から先は神宮の神域で「倭姫命」ゆかりの「櫛田川」の支流「祓川」で禊ぎを行うことに意義があったのではないかなって思います。^^

IMG_1467-1_R.jpg

IMG_1468-1_R.jpg

IMG_1481_R.jpg

歴史ロマン広場を歩いているとその広さに驚きます。



何だか平城宮跡へ行ったときのことを思い出しました。 規模はもちろん平城宮跡の方が広いのですが・・・

IMG_1485-1_R.jpg

だって、斎宮跡にも鉄道が横切っているんだもん・・・。(笑)




歴史ロマン広場では10分の1の模型で斎宮が再現されています。

IMG_1512-1_R.jpg

IMG_1505_R.jpg

IMG_1507_R.jpg

IMG_1508-1_R.jpg

IMG_1516-2_R.jpg

ミニチュアの斎宮もいい感じですね。^^



斎宮跡はとても広いので、「斎王の森」へはバイクで行くことにしました。

IMG_1550_R.jpg

IMG_1613_R.jpg

IMG_1560_R.jpg
【斎王の森】
斎宮は飛鳥・奈良時代から南北朝時代の建武の新政が終わるころまでの660年間存在しましたが、斎宮が廃れたあとは「幻の宮」としての伝承が残るのみでした。ただこの場所だけは斎王の御殿があった場所として「斎王の森」と呼ばれて残されてきたそうです。
この森は旧斎宮村の村有地だったのですが、昭和33年に伊勢神宮に寄付されて、現在は伊勢神宮の神宮司庁が管理しています。

IMG_1554_R.jpg

IMG_1558_R.jpg

ここの鳥居は黒木の鳥居なんですよね。 驚きました~。^^
自分も丹後の元伊勢内宮と元伊勢外宮でしか見たことありません。


IMG_1563_R.jpg

IMG_1565_R.jpg





斎宮跡の道沿いには「歴史の道」の歌碑がならんでいました。

IMG_1583_R.JPG

IMG_1589-1_R.jpg

斎宮に関係ある歌が並んでいましたが、西行が歌った歌もありました。^^


いつかまた いつきの宮の いつかれて しめのみうちに ちりをはらはん
何時になったら、また斎王が潔斎をなさって、注連がめぐらされた御内に、塵を払ってお仕えになることだろうか。


大河ドラマ「平清盛」で、藤木直人さん演じるモテモテの西行さまが、かつて斎宮へも訪れていたみたいですね。
西行が来たときは、平家滅亡の頃の斎王不在の時代だったようです。斎宮も荒れ果てて塵がかぶってる様子がうかがえますね。




さてさて、Ninja250Rの後ろに見えるのが「いつきのみや歴史体験館」です。

IMG_1625_R.JPG

IMG_1545_R.jpg

IMG_1532_R.jpg

いつきのみや歴史体験館では、斎王たち王朝人の平安時代の遊びや生活文化を体験できるそうですよ~。^^




お休み処で、ちょっと休憩~。

IMG_1629_R.jpg

IMG_1641-1_R.jpg

IMG_1633_R.jpg

この大吟醸アイスに魅かれましたが、少しアルコール分があるようなので諦めました~。バイクなので・・・。TT



お腹すいたので昼飯ですね~。^^

IMG_1635_R.jpg
【伊勢うどんと焼きおにぎり】
伊勢うどんは伊勢に来たときにしか食べてないですね~。


IMG_1637_R.jpg

IMG_1639_R.jpg

久々の伊勢うどんでしたが、美味しゅうございました~。^^v





幻の宮「斎宮」・・・

IMG_1327_R.JPG

かつて存在した幻の宮は長らく人々の記憶から忘れ去られていたけれども、昭和の時代の発掘とともにその存在が垣間見えるようになってきました。

毎年6月の初旬に『斎王まつり』が行われています。今年は6月の2日と3日に行われます。 → コチラ

今年で30回を迎える『斎王まつり』ですが、これからも華やかなりし斎宮のかつての風情を平安絵巻そのままに伝えていってもらいたいものです。^^




IMG_1710-1_R.JPG




《北緯34度32分》太陽の道の旅はこれからも続きます。 あの空の向こうをめざして・・・



神の支配する潮騒の島『神島』 《後編》 【三重県鳥羽市 神島】 [謎の《北緯34度32分》太陽の道]

今回も4/15に『神島』へ行ったときの続きですね。^^

それでは、神島灯台へ行ってみましょう。

IMG_0520_R.jpg



八坂神社から上り坂をぐるっと登っていきます。

IMG_0527_R.jpg

IMG_0535_R.jpg



神島灯台が見えてまいりました。^^

IMG_0559_R.jpg

IMG_0565_R.jpg

IMG_0575-1_R.JPG




【神島灯台】
IMG_0578_R.jpg

IMG_0589_R.jpg

IMG_0579_R.jpg

IMG_0570_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

神島灯台は明治43年に点灯して以来100年の歴史がある灯台です。 日本の灯台50選に選ばれています。

ここは海抜100m程の地点ですので、灯台自体の高さは11mのミニサイズですね。^^




白い神島灯台の外壁は・・・

IMG_0596-1_R.jpg

タイル張りです。^^



そしてここは・・・

IMG_0606_R.jpg

恋人の聖地なのです。




神島灯台からの眺めです。

IMG_0599_R.jpg

IMG_0603_R.jpg

対岸の渥美半島の伊良湖岬ですね。 う~ん、もうちょっと晴れていたら最高なんでしょうが・・・。^^




恋人の聖地で仲睦まじくお弁当を食べてる恋人たちもいらっしゃいまして、ちょっと自分お邪魔な感じだったので、ささっと次へ行っちゃいます。(笑)

IMG_0613_R.JPG

観的哨へ・・・



神島灯台からまだズンズンと登っていきます。

IMG_0616_R.JPG

IMG_0622_R.JPG

IMG_0630_R.JPG

途中、レーダー塔へ寄り道するためにさらにズンズン登ります。



レーダー塔に到着~。^^

IMG_0632_R.JPG

IMG_0634_R.JPG

IMG_0633_R.JPG

正式名称は『神島無線方位信号所』。昭和55年に建てられたアングル鉄塔で15mあります。

ここは神島の最高峰「灯明山」の山頂で標高171mの地点です。山頂ですが鉄塔の周りは木に囲まれていて周りの景色はよくわかりません。(笑)

でもまあ、《北緯34度32分》太陽の道『神島』に立つ~って感じですね。^^




あとはドンドン下って上って下って・・・

IMG_0637_R.JPG

IMG_0644_R.JPG

いい感じで晴れてきました。^^

歩いていると潮騒のザーっていうとても心地いい音が聞こえてきます。

三島由紀夫さんも神島を訪れた時、この潮騒の音を聴いたんだろうな・・・。 小説のタイトルを『潮騒』にしたのもうなずけます。^^




見えてまいりました・・・

IMG_0656_R.JPG

IMG_0744_R.JPG
【観的哨】(かんてきしょう)
昭和4年に旧陸軍が伊良湖から撃つ大砲の試射弾の弾着観測を行うために建設したコンクリート製の施設跡です。
「哨」という漢字には「見張り番」という意味もあるそうで、読んで字のごとく的を観る見張り番な場所ですね。^^


ここは映画「潮騒」のクライマックスシーンが撮られた場所です。吉永小百合さんや山口百恵さんのロケも行われたそうです。^^

IMG_0677_R.JPG

IMG_0687-1_R.JPG

IMG_0707_R.JPG

現在は老朽化が著しく危険なため立ち入り禁止になっていて、外周からしか中を見ることが出来ません。



IMG_0712_R.JPG

IMG_0713_R.JPG

IMG_0690_R.JPG

IMG_0688_R.JPG

IMG_0719_R.JPG

さざれ石みたいになっていますね。^^




IMG_0694_R.JPG

IMG_0750_R.JPG

IMG_0752_R.JPG

ここに双眼鏡とか着弾点を計る計測器とかあったのかな・・・



と、まあ、一通り見たあとは昼食にしましょう。^^

IMG_0728_R.JPG
《たこかつバーガー》
プリプリのタコがたくさん入ったたこかつにソース味マヨネーズがGood!

たこ焼き味風なハンバーガーのイメージでしょうか。^^



IMG_0734_R.JPG

さて、行きますか・・・




あとは下るだけですので楽ですね。^^

IMG_0758_R.JPG

IMG_0761-1_R.JPG

IMG_0776-1_R.JPG

神島の小中学校まで降りてきました。




ここにはカルスト地形を見ることの出来る「ニワの浜」があります。

IMG_0817_R.JPG

IMG_0813_R.JPG

IMG_0780_R.JPG

カルスト地形は石灰岩が長い間海風や雨水によって侵食されて出来た地形で、山口県の秋吉台や福岡県の平尾台が有名ですね。



IMG_0792_R.JPG

IMG_0815_R.JPG

IMG_0817_R.JPG

こんな地形を見ているとこの島は本当に神様が造ったんじゃないかなって感じがしますね。^^




あとはのんびりと歩いて「古里の浜」へ・・・

IMG_0842_R.JPG

IMG_0846_R.JPG

IMG_0856_R.JPG

IMG_0857-1_R.JPG

潮風に向かう鳥はカッコイイです。^^




IMG_0876_R.JPG

IMG_0879-1_R.JPG

こんな風景見ながら歩くのも気持ちいいですね。



おっ、「鏡石」発見!

IMG_0888-1_R.JPG

現在では島に立派な港が整備されていますが、昔は海が荒れると島に船を着けるのが大変難しく、島の周りの比較的波の穏やかな浜に船を着けるしかありませんでした。

この「鏡石」は油を塗ると鏡のようになり、荒れた海から戻ってくる男たちのために、島の女性たちが姿を映して身だしなみを整えたところです。好きな男性のために少しでも綺麗でいたい・・・そんな素敵な女心は昔から少しも変わっていませんね。^^





さあ、港に戻ってきました。

IMG_0906_R.JPG

IMG_0913_R.JPG



帰りの船の出航時間まではまだ少しありますので、港を散策~。^^

IMG_0925_R.JPG

IMG_0920_R.JPG

IMG_0955-1_R.JPG

いいな~、こんな港の風景は日常では味わえませんね~。^^




IMG_0946_R.JPG

IMG_0937_R.JPG

IMG_0989_R.JPG

IMG_0957_R.JPG

おおっ、この大鍋で浜鍋でも作ったのかな・・・。^^




さて、出航の時間となりましたので、帰りの船に乗り込みます。

IMG_0991_R.JPG

IMG_0992_R.JPG

帰りは高速船ではありませんが、のんびりと帰りましょう。



IMG_1003_R.JPG

あの空の向こうをめざして・・・ 《北緯34度32分》太陽の道の旅は続きます。



IMG_1030_R.JPG

かつて神が支配する島といわれていた潮騒の島 『神島』・・・

本当に素敵な島でした・・・





せっかく鳥羽に来ていますので、海の幸いっぱいのカレーでも食べて帰りましょう。

IMG_1138_R.JPG

IMG_1144_R.JPG
《海の幸たっぷりカレー》

サラサラのカレーに海の幸~ 大変美味しゅうございました。^^



神の支配する潮騒の島『神島』 《中編》 【三重県鳥羽市 神島】 [謎の《北緯34度32分》太陽の道]

今回は4/15に『神島』へ行ったときの続きですね。^^

IMG_0896_R.JPG

それでは・・・



IMG_0367_R.jpg

神島は周囲4kmの小さな島です。遊歩道があって島をぐるっと歩いて散策することが出来ます。^^


IMG_0355-1_R.jpg

三島由紀夫さんの小説『潮騒』は神島を舞台にした小説なのですが、三島由紀夫さんは昭和28年に実際に神島に滞在して小説のための準備や調査をしてたようです。


『潮騒』は今までに5回映画化されているそうです。

IMG_0360-1_R.jpg

タコツボもこうして持っているとカッコイイです。 ワイルドだ~。^^


島を周る前に昼食を調達します。

IMG_0381_R.jpg


すぐそこですか・・・

IMG_0384-1_R.jpg

路が狭くてワカラナイ・・・ これ普通に通路デス。^^


ちょっと路地裏をウロウロしたけど・・・

IMG_0392_R.jpg

IMG_0397_R.jpg

IMG_0440_R.jpg

あった!^^


お目当てはコレ!

IMG_0447_R.jpg
《たこかつバーガー》
頼んでから作ってくれるので10分ぐらいかかりますが、ご当地バーガー楽しみです。^^




それでは・・・

IMG_0435-2_R.jpg

島巡りへGo!^^



IMG_0393_R.jpg

IMG_0399_R.jpg

井戸ですね。今ではお隣の答志島から海底送水管が敷設されてますが、昔は水を確保するのが大変だったようです。


【洗濯場】
IMG_0409_R.jpg

IMG_0407-1_R.jpg




階段をズンズン登っていきます。

IMG_0419_R.jpg

IMG_0423_R.jpg

IMG_0451_R.jpg

IMG_0452_R.jpg

桜がまだ残ってましたね。^^



八代神社の方へ・・・

IMG_0427_R.jpg


214段ある石段を登っていきます。

IMG_0459_R.jpg

IMG_0463_R.jpg

IMG_0467_R.JPG

IMG_0462_R.jpg

振り向くと気持ちがいい~。^^



やっと到着です。

IMG_0474-1_R.jpg

IMG_0483_R.jpg

大連市って・・・あはは、台座は戦前のものみたいですが、狛犬はどう見ても新しいです。(笑)



IMG_0485_R.jpg

IMG_0486_R.jpg

IMG_0491_R.jpg

IMG_0495_R.jpg

IMG_0519_R.jpg

石垣が尖がっています。 まるで荒々しい海の神様を表しているようですね。



IMG_0511-1_R.jpg

IMG_0502-1_R.jpg

IMG_0501-1_R.jpg

御祭神は綿津見命(ワタツミノミコト)。 海の神様ですね。



IMG_0508_R.jpg

ここの絵馬はアワビの貝殻もあるようです。 海の神様が祀られてる神社ならではですね。^^



八代神社にはゲーター祭で使われたアワ(2m程の白い輪)が奉納されています。

ゲーター祭 → 詳しくはコチラ


《You Tube より》

ゲーター祭とは1月1日の未明に行われる八代神社の神事のことで、夜明け前にグミの木で太陽に見立てたアワ(直径2m程の白い輪)を島の男たちが竹で刺し上げて、太陽が昇る前に偽者の太陽として落とします。

『天に二つの日輪なく、地に二皇あるときは世に災いを招く、若し日輪二つあるときは、神に誓って偽りの日輪は是の如く突き落とす』

邪悪を払い、無事平穏な新しい年の日の出を迎える願いを込めた戦いの祭りだそうです。

ちなみにゲーター祭のゲーターは「迎旦」からきているのではないかと言われています。

この祭りの起源は、”地に二皇あるときは世に災いを招く・・・”とあるので南北朝時代の思想にちなむものとか言われていますが、色々な説がありはっきりとは解からないみたいです。

確かに”地に二皇あるとき・・・”というくだりは南北朝時代のこと指しているのだと思われますが、後半の”若し日輪二つあるとき・・・”という部分は何を意味してるのでしょう。 天には一つの太陽しかないのに・・・。


個人的にですが、白いアワは日食を表しているのではないかなっていう気がします・・・。

皆既日食.jpg
《Wikipediaより皆既日食》

ほら、似てるでしょ・・・ ^^


もしアワが日食のことを意味するのだとしたら、天照大神の天岩戸伝説に通じるものがありますね。^^

ゲーター祭の起源が何かというのははっきりとは解かりませんが、太陽信仰からきているのは間違いないですね。

ほほっ、『謎の《北緯34度32分》太陽の道』の旅にふさわしい展開になってきたぞ~。^^v



というわけで、天照大神が祀られている伊勢神宮の遥拝所発見~。

IMG_0513_R.jpg



ついでに大連から寄贈されたと思われる狛犬さまも発見~。

IMG_0522_R.jpg

引退後は相方との距離も縮まってるみたいで・・・。(笑)




それでは、神島灯台へ行ってみましょう。

IMG_0520_R.jpg

な~んて、ちょっと長くなっちゃいましたので今回はここまでです。

続きは次回のお楽しみですね~。^^



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。