So-net無料ブログ作成
検索選択

のんびりでまったりな・・・ ~ご近所お散歩ツーリング~ 【三重県いなべ市大安町 丹生川~青川】 [日記]

梅雨まっさかりですね~。 皆さまいかがお過ごしですか・・・。

今回は梅雨に入る前の「ご近所お散歩ツーリング」を少しだけ~。^^

IMG_1156-1_R.JPG

IMG_1163_R.JPG
蕎麦 響庵》
自分は三重県の北部に住んでいるのですが、隣町に越前蕎麦のお店が移転してきたので行ってみました。^^


以前、福井県にツーリングに行ったとき、そこで食べたおろし蕎麦がとっても美味しくて、越前蕎麦が大好きになりました。

IMG_1169_R.JPG
【天おろしそば】
久しぶりの越前そばだったので、豪勢に『天おろしそば』を注文~。



福井県大野市産蕎麦粉100%で、もちろん10割蕎麦です。^^

IMG_1173_R.JPG

美味しい~。 大根のピリッとした辛さが蕎麦に合います。 おろし蕎麦最高~ ^^v





さ~て、美味しいお蕎麦も食べたことだし、ちょこっと寄り道デス。

IMG_1193-1_R.JPG
【貨物鉄道博物館】
先ほどのお蕎麦屋さんから3kmぐらいの距離にあります。 三岐鉄道 丹生川駅の横デス。^^

残念ながらこの日は開館日ではありませんでした。 「貨物鉄道博物館」を見ることが出来るのは、毎月第一日曜日だけなのです。^^

「貨物鉄道博物館」の中がどんな感じなのかは・・・ コチラ

まあ、「貨物鉄道博物館」の中は見ることが出来なくても、屋外の展示車両は自由に見学することが出来るのです。^^

IMG_1201_R.JPG
【B4形39号】 英国製蒸気機関車 1898年製(明治31年)


IMG_1203_R.JPG

1898年製(明治31年)なので、114年前に造られた蒸気機関車なのですか~。 スゴイです。^^



で、この蒸気機関車は貨物を引っぱっていたのですね。

IMG_1256_R.JPG

記念に蒸気機関車とバイクの2ショット!

こんなことが出来るのもローカルな鉄道博物館ならではですね。JRの華麗な鉄道博物館も素晴らしいですが、ローカルでお気楽な博物館も大好きです。一人占めだし、遊べるし・・・。(笑)

そう、ここは「貨物鉄道博物館」・・・

IMG_1197-1_R.JPG

IMG_1200-1_R.JPG

三岐鉄道の丹生川駅から電車が藤原方面へ発進! 黄色とオレンジのカラーリングいいなあ。^^

遠くに藤原岳が見えますが、あの藤原岳はセメントの原料となる石灰岩で組成されている山なのです。

なので、麓にセメント工場があって、藤原岳の斜面は大規模に切り取られています。

三岐鉄道は1931年(昭和6年)に営業が開始されましたが、もともと藤原岳の石灰石運搬が鉄道敷設の主目的だったようです。




それでは屋外展示されてるいろんな種類の貨物車両を見てみましょう。^^

IMG_1270_R.JPG

IMG_1205_R.JPG

IMG_1206_R.JPG

IMG_1232_R.JPG

IMG_1233_R.JPG

IMG_1211_R.JPG

IMG_1212_R.JPG

IMG_1215_R.JPG

IMG_1217_R.JPG

IMG_1226_R.JPG

IMG_1219-1_R.JPG

IMG_1220_R.JPG

IMG_1222_R.JPG

これらの貨物車両たちは、かつて戦後の日本の発展のために日夜働いていたのですね。^^





丹生川駅の方へ行ってみた。 こちらにも貨物車両が展示されてます。^^

IMG_1276_R.JPG

IMG_1282-1_R.JPG

IMG_1288-1_R.JPG

過酸化水素を運ぶためのアルミタンク車ですね。 マニアックだなぁ~。^^




そう、ここは丹生川駅デス・・・

IMG_1287-1_R.JPG

丹生川・・・ 丹生・・・

そういえばこの間、三重県多気町の丹生に水銀鉱跡を見に行きましたね・・・ → コチラ

かつて朱の原料である辰砂を産出する水銀鉱床群の分布する地域には、丹生、丹生川、丹生神社などの名前が残っているそうです。

現在は丹生川っていう川はこの付近にはありませんが、かつて辰砂を産出してたところから丹生川がこのあたりを流れていたのでしょうか。

そういえば、丹生川駅の北500mぐらいのところを青川っていう名前の川が流れていますね。 長い年月の間に、丹生川の流れが変わって青川になったとしたら・・・





というわけで、青川の川沿いを上流へ・・・。^^

IMG_1177-1_R.JPG

IMG_1178-1_R.JPG

IMG_1191-1_R.JPG

川沿いにそって気持ちのいい道が続きます。ここは桜並木が綺麗で、自分のお気に入りコースなのです。



桜の季節の青川がどんなに綺麗なのか、去年撮った写真がありましたのでどうぞ~。^^

IMG_1025_R.jpg

IMG_1022_R.jpg




青川の上流には「青川峡キャンピングパーク」っていう素敵なオートキャンプ場があります。

IMG_1351_R.JPG



青川峡谷の看板がありました。^^

IMG_3192_R.JPG
《クリックすると大きくなるよ

IMG_3193_R.JPG

IMG_3190_R.JPG

う~んやっぱり、その昔、青川の上流に鉱山があったんだ・・・ しかもこの治田鉱山跡は千姫に縁のある鉱山だったとは・・・ ^^



徳川家康の孫娘にして、豊臣秀頼に嫁いだ「千姫」は皆さんもちろんご存知ですね。

史実かどうかはわかりませんが、こんな「それからの千姫物語」があります。

豊臣家が滅亡した「大坂夏の陣」で大坂城が落城した時、燃え上がる大坂城から千姫は無事助け出されました。悲しみの中江戸城へ帰る道中、警護にあたっていた桑名城主 本多忠政の息子・忠刻(ただとき)と 出会い、さっそうとした若武者ぶりにほのかな恋心を抱きました。 そんな千姫の心を知った家康は、今度こそ幸せにしてやりたいと、千姫の思いを聞き届け、1616年二人の結婚が決まりました。千姫20歳、忠刻21歳の時でした。その時の千姫の化粧料(持参金)は、10万石といわれています。

そうです、このときの化粧料(持参金)が「治田郷7ヵ村と治田鉱山」だったようですね。それにしても10万石とはスゴイです。^^



IMG_3200_R.JPG

この青川の上流に千姫と縁のある治田鉱山跡があるのですね。^^




蕎麦を食べて、 「貨物鉄道博物館」に寄り道しただけなのに、千姫まで話が広がっちゃって・・・

これだからお散歩ツーリングは止められませんね~。^^


世界有数のパワースポット『分杭峠』 【長野県伊那市長谷】 [ふしぎ探検隊シリーズ]

ゴールデンウィークの5/5(土)に世界有数のパワースポットである『分杭峠』に行ってきました。^^

IMG_2312_R.jpg

IMG_2205_R.jpg

『分杭峠』(ぶんぐいとうげ) → 詳しくはコチラ ・・・ もっと詳しくはコチラ

分杭峠は、一部の人々から「健康に良い『気』を発生させるゼロ磁場地域である」と言われ、マイナスイオンブームの際にマスコミに取り上げられた。中国の気功師・張志祥が来日した際、分杭峠に「気場」を発見したとされる。 日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っている、という理由から「エネルギーが凝縮しているゼロ磁場であり、世界でも有数のパワースポットである」とされている。2009年にテレビ・ラジオや雑誌で分杭峠のゼロ磁場が大きく取り上げられ、分杭峠に来る観光客が急増した。 《Wikipediaより》


中央構造線_R3.jpg

分杭峠は日本最大の「中央構造線」という大断層の上にあります。古くから遠州秋葉神社へ至る秋葉街道の峠のひとつでした。現在は国道152号線のルート上にありますが、分杭峠付近は道幅が狭く分杭峠付近の道路は駐車禁止区域となっています。なので、分杭峠へはシャトルバスで行くことになります。


シャトルバス → コチラ


IMG_2188-1_R.jpg

IMG_2329_R.jpg

IMG_2189_R.jpg

IMG_2194_R.jpg

この日はおもいっきり早起きして、中央高速道をひた走り、なんとかシャトルバス始発の8:00に間に合いました。^^



IMG_2191-1_R.jpg

さて、シャトルバスで分杭峠へGo!



分杭峠ふもと粟沢駐車場から狭いくねくね道を15分ぐらい上って、分杭峠に到着です。^^

IMG_2203-1_R.jpg

IMG_2270_R.jpg

気持ちいい~。 あの谷に沿って中央構造線が走っているのですね。^^



分杭峠のパワースポット「気場」はこんな感じになっています。

分杭峠_R.jpg
《クリックすると大きくなるよ》

IMG_2280_R.jpg

では、「気場」に行ってみましょう。^^



清々しい木立の中を下ること3分・・・

IMG_2285_R.jpg



「気場」が見えてまいりました。^^

IMG_2291_R.jpg

IMG_2293_R.jpg
【気場】天然の気を体感する聖地 分杭峠 ゼロ磁場

皆さん、静かに「気」を受けていらっしゃいます。^^



自分にも「気」が感じられるかな~

IMG_2297_R.jpg

う~ん、よくわかんない。(笑)

でも、ここに座ってると本当に気持ちいいです。 谷から涼しげな空気が吹き上がってくる感じ・・・

癒されますね~ ^^




さて、分杭峠ではもう一つ「気場」と言われている場所があるのです。それは林道を10分ぐらい歩いたところにある沢の周辺、通称「水場」と呼ばれているところです。

IMG_2208_R.jpg

IMG_2264_R.jpg

土砂崩れで通行止めなのですが、ゴールデンウィーク中で工事が行なわれていないので通行出来るみたいです。



で、やって参りました「水場」です。

IMG_2225_R.jpg

IMG_2226_R.jpg

「気」を感知できる人は、こちらの方が感じるみたいです。 なんでも常時濃密な「気」が漂ってるそうです。
ここが本当の気場で強力なパワースポットだそうですが、自分にはさっぱり~。^^



IMG_2239_R.jpg

IMG_2228_R.jpg

ここの気場の水を汲みに来る人も多いみたいです。 沢を少し登って丸木橋を渡ったところにある取水口(パイプ)から汲むのがいいみたいです。



この一帯では方位磁石の針が北を向いて止まらず、回転したり揺れたりすることがあるそうなのですが、残念ながら方位磁石なんて持っていません!(笑)

試しにナビで北を測定してみましたが・・・

IMG_2234-1_R.jpg

IMG_2235_R.jpg

IMG_2240_R.jpg

ナビは磁石で動いているわけでないのでゼロ磁場は関係ないと思いますが、なぜか方位が安定しません。。。

ここは山深い谷の沢なので、GPS衛星を捕捉しにくいのでしょうか・・・。




ここも気持ちのいい場所ですね。イスに座って静かに気を受けてる方もいらっしゃいました。

IMG_2254_R.jpg

林道をシャトルバス乗り場まで歩いて、帰りのシャトルバスで麓駐車場まで戻りました。 さすがゴールデンウィークですね、シャトルバス乗り場はたくさんの人が並んでいました。始発のシャトルバスで分杭峠に行って正解でした。^^






さあ、世界有数のパワースポット「分杭峠」を後にして、国道152号線の中央構造線を北へ・・・

IMG_2331-1_R.jpg

IMG_2337_R.jpg

IMG_2346_R.jpg

IMG_2376_R.jpg

南アルプスが素晴らしいです。^^



せっかく分杭峠にやって来たので、15km程北にある100名城の高遠城に行ってみたりとか・・・

IMG_2682_R.jpg

IMG_2539_R.jpg

IMG_2575_R.jpg

IMG_2597_R.jpg
【高遠城】 → 詳しくはコチラ


IMG_2561_R.jpg

高遠城で食べた桜ソフト美味しかったです。^^




高遠城から今度は来た道を中央構造線沿いに南へ・・・

IMG_2708_R.jpg

IMG_2714-1_R.jpg

IMG_2720_R.jpg
【道の駅 南アルプスむら】



さらに中央構造線を南下・・・

IMG_2725_R.jpg

IMG_2731_R.jpg

IMG_2761_R.jpg

IMG_2774_R.jpg

南アルプスが本当に綺麗です。 感動します。^^




で、大鹿村の中央構造線博物館で中央構造線の勉強したり・・・

IMG_2785-1_R.jpg

IMG_2883_R.jpg

IMG_2826_R.jpg

写真写している場所から真っ直ぐに中央構造線が通ってるみたいです。




中央構造線博物館からさらに南に行ったところに中央構造線の露出場所があるというので行ってみたり・・・

IMG_3050-1_R.jpg
《クリックするとおおきくなるよ》

IMG_3071_R.jpg
【安康露頭】
指差している部分が中央構造線みたいです。 すごいなあ、ここが大断層の接合部分なんだ・・・ 感動です。^^




あとは、重要文化財の松下家を見たりして・・・

IMG_2995_R.jpg

IMG_3015_R.jpg

地蔵峠を越えてから、中央構造線ツーリングは終了~。 ゴールデンウィークで大渋滞の中央自動車道を通って帰って来ました。

青空と中央構造線の道・・・ まだ雪が残ってた南アルプスは本当に綺麗でした。^^






【おまけ】

帰ってから、日本有数のパワースポットを線でつないでみた・・・

・分杭峠・・・(世界有数のパワースポットで強力な「気」が出ているといわれているところ)
・伊勢神宮 外宮・・・(中央構造線上にあり、神殿前に「気」が出ているといわれる場所がある)
・高千穂神社・・・(天孫降臨の伝承地を古くから守ってきた古社)
・出雲大社・・・(日本中の神様が集う神々の出雲神話がある古社)



より大きな地図で パワースポットクロスライン を表示

分杭峠と高千穂神社、出雲大社と伊勢神宮 外宮をそれぞれ線でつないでみたのですが、その線のクロスポイントが奈良であることに気づきました。



そしてその部分を拡大してみると・・・



より大きな地図で クロスポイント を表示

驚いたことにそのクロスポイントの場所は平城宮跡なのです。。。




平城宮跡は~大地に描かれた巨大な五芒星~の中心地でもあるのです。


より大きな地図で クロスポイント最新 を表示



不思議です・・・ ^^


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。