So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

伊勢神宮内宮参道にあるダビデの星の謎・・・ ~大地に描かれた五芒星の旅3~ 【三重県伊勢市 伊勢神宮内宮】 [ふしぎ探検隊シリーズ]

皆さまお久しゅうございますが、いかがお過ごしでしょうか。^^

今回は、9/19に「大地に描かれた五芒星の旅」の3番目の場所、「伊勢神宮内宮」に行った時の記事です。

大地に描かれた五芒星の旅 熊野本宮大社_R_R.jpg

伊勢神宮は、伊勢の宇治にある『皇大神宮(こうたいじんぐう』(内宮=ないくう)と、伊勢の山田にある『豊受大神宮(とようけだいじんぐう』(外宮=げくう)の総称で、すべてを含めると125もの宮社から成り立っています。

伊勢神宮の参拝は、まず外宮からというのがならわしなので自分も今回は外宮から参拝しました。^^


【豊受大神宮(外宮)正宮】
IMG_9052_R.jpg

IMG_9104-1_R.jpg

約1500年前に丹波国(後の丹後)から、お移りになられたとのこと。天照大御神の食物を司る神様で、すべての産業の守護神なのですね~。

こないだの丹後の元伊勢への旅で、豊受大御神の故郷を訪ねたので、「はるばる丹後から伊勢へ来られたのか~」なんて、とても身近に感じます。

IMG_9053_R.jpg


正宮の前にある広場には、外宮のパワースポットといわれている「三つ石」があります。

IMG_9048_R.jpg

ここは式年遷宮の時にお祓いをする場所で、この石の上に手をかざすと温もりを感じるそうです。

自分も手をかざしてみましたが、この日は9月のまだ暑かったときなので温もりは解からなかったな~。

ちょっと寒いときの方がいいかもね。^^




外宮の参拝を済ませ、いざ皇大神宮(内宮)へ・・・ 外宮から約6kmぐらいの距離です。

IMG_9126-1_R.jpg

IMG_9130_R.jpg

伊勢神宮内宮に到着です。

ここは宇治橋の前です。 あの鳥居の向こう、宇治橋を越えるとそこからは神域です。

ここは三重県で一番人の集まる場所ですね。 それは昔も今も変わらぬ光景なのでしょう。

IMG_9132-1_R.jpg

自分は三重県在住なので、ここ伊勢神宮へは何度も訪れています。^^



IMG_9134_R.jpg

IMG_9137_R.jpg

IMG_9142_R.jpg



宇治橋を渡ると美しい参道が続きます。

IMG_9152-1_R.jpg

IMG_9178_R.jpg

IMG_9191-1_R.jpg

IMG_9173_R.jpg

これだけ大勢の人がいるはずなのに、何故だかここは厳かな雰囲気が感じられるのです。


それは、人々を圧倒する巨木の杜に包まれているせいなのかはわかりません。

IMG_9222_R.jpg

正宮の前に到着しましたが、写真はここまでです。

皆さんに混じって自分もしっかりとお祈りしてきました。^^



正宮は平成25年の式年遷宮の年にお隣に造営されている神殿に移ります。

IMG_9256_R.jpg

この塀の向こうに新しい神殿が出来るのですね。^^



参拝を終えた後は境内をうろうろと・・・

IMG_9247_R.jpg

IMG_9282_R.jpg

IMG_9287_R.jpg

IMG_9298-1_R.jpg

IMG_9313_R.jpg

ここは水が澄んでいますネ。 なので池の鯉もクッキリです。^^



IMG_9331_R.jpg

IMG_9333_R.jpg

IMG_9337_R.jpg




内宮を後にして、おはらい町通りへ行ってみた。

IMG_9393_R.jpg

相変わらず凄い人出デス。^^


IMG_9368_R.jpg

伊勢名物の赤福餅でも食べようかと思ったけど、人が多くてあきらめました。



おかげ横丁へ・・・

IMG_9397_R.jpg

IMG_9398_R.jpg

IMG_9402_R.jpg

IMG_9404_R.jpg



Sazabyさんのブログで見たおかげ横丁の味匠館さんへ・・・

IMG_9413_R.jpg

IMG_9412_R.jpg

屋根の上に三匹の猿がいますよね~。^^


「よく見て・よく聞いて・よく話す」だったかな・・・

IMG_9451_R.jpg

IMG_9415_R.jpg

「見ざる、言わざる、聞かざる」の日光東照宮の三猿とは真逆の猿たちです。^^



IMG_9430_R.jpg

味匠館さんの軒瓦に文字が刻まれているのが解かりますでしょうか。 屋根の軒瓦にぐるっと刻まれてるみたいです。

この文字がなんて書かれているか確認しに来ました。^^

調べましたら、これは「伊勢音頭」の歌詞の一節みたいです。



道中伊勢音頭 下 (別れの歌)

(前奏囃子入)アーア ヨオーナーア
明日はおたちか ヨイ ヨイ 
お名残り惜しゆや 
アヨーイセーソーコセー六軒茶屋まで送りませう 
アソレ六軒茶屋のまがりとで アソレ
紅葉のやうな手をついて アソレ
糸より細い聲を出し アソレ
皆様左様なら御機嫌よろしう御静かに アソレ
また来春も来ておくれ アソレ
来春来るやら来ないやら、アソレ
姉さん 居るやら 居ないやら アソレ
これが別れの盃と アソレ
思へば涙が先にたつ アソレ
雨のナーア十日もヨーイ 
御連中さんよ降ればよいホンマカ彌長久(ヤートコセー)
世怡彌成(ヨーイヤナ)安樂樂(アアララ) 
是者伊勢(コレハイセ)そりゃ善所伊勢(ヨーイトコーセー)



歌詞のくなってるところが、軒瓦に刻まれた文字が見える部分ですね。^^




伊勢神宮内宮へは何度も来てますし、伊勢神宮参道も何度も通ってます。

でも、今まで何度も通っててまったく気づかなかったものがあります。 それは・・・

IMG_9479_R.jpg

内宮への参道の両脇にずらりと並んだ石灯籠。



その石灯籠には十六菊の神紋とともにもう一つの紋様が刻まれていたのです。

IMG_9483_R.jpg

IMG_9485_R.jpg

ユダヤでいうところの「ダビデの星」、いわゆる「六芒星」、「籠目紋」とも言いますね。



何故に伊勢神宮参道の石灯籠に「ダビデの星」が刻まれているのでしょう・・・。 不思議ですよね。^^

まあ、こんなところからも日本人の始祖はイスラエルの「失われた10支族」ではないかとの説が唱えられているのでしょうか・・・


『日ユ同祖論』・・・Wiki



この参道両脇にある石灯籠は戦後建立されたもので、伊勢神宮が建てたものではないみたいです。

で、この「ダビデの星」「六芒星」は「伊雑宮(いざわのみや)」の神紋じゃないかといわれています。


【伊雑宮(いざわのみや)】・・・Wiki


伊雑宮は志摩にあり、現在では皇大神宮(内宮)の別宮ですが、江戸時代には伊雑宮の神職が中心となり伊雑宮を本来の内宮だと幕府へ主張したそうです。しかしながらその主張は通らず、神職たちは偽書提出の罪で追放となりました。

そんな歴史のある皇大神宮と伊雑宮ですが、伊勢神宮参道の石灯籠の「ダビデの星」は謎・謎・謎・・・。^^


伊勢神宮に御参拝の折には、ちらっとこの石灯籠の「ダビデの星」を見てくれたら嬉しいデス。

どの石灯籠にも刻まれています。 神宮の中の石灯籠ではなく、外の参道の石灯籠ですから~。




あ~っとそれから・・・

IMG_9489_R.jpg
【伊勢うどん】
「伊勢うどん」 美味しかったです。^^




IMG_9407-1_R.jpg



では、またニャン ^^v


nice!(19)  コメント(22)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 22

ソニックマイヅル

伊勢うどん・・・素晴らしい麺の太さですね!シンプルで生醤油最高でございます!店頭の店頭で食べる赤福が美味しいんですよね。^^;
by ソニックマイヅル (2011-11-06 08:44) 

susumu

◇ソニックマイヅルさんへ
伊勢うどんは伊勢名物なので、自分も伊勢へ行ったときぐらいしか食べませんが、久しぶりに食べると美味しいですね。お手軽に食べれるのがいいです。^^
赤福はお店でお茶をいただきながら食べるのが一番かな~。
今回は赤福食べれませんでしたが、近くのSAに赤福のお店があるので、そちらで食べることにします。^^
by susumu (2011-11-06 09:41) 

hanamura

いよっ!待ってました五芒星の旅!
新たな「ダビデの星」に浪漫が膨らみますねぇ・・・。
ロマンない単身赴任者んは、とりあえず昼食を「うどん」生醤油に決定!
by hanamura (2011-11-06 11:06) 

アルマ

外宮、実は行った事がないんですよね(^^ゞ
内宮と両方廻ろうと思うと私の場合一日仕事になりそうで・・・(^_^;)
三ツ石の周りに人が多いのはやはりパワーを求めてくる方が多いのでしょうね(#^.^#)
やはり内宮は人が多くても雰囲気が荘厳でいいですね!
六芒星ですか!面白そうですね~!伊雑宮の神紋は花菱・・・ですよね。
いや~謎ですね(?_?)
伊勢うどん、久しぶりに食べたくなりました(^O^)/
by アルマ (2011-11-06 11:29) 

Sazaby

軒丸瓦の文字は謡の歌詞なんですね!
それだけ長い文字があるということはぐるっと一周文字がきざまれているんでしょうね~

灯篭の六芒星は気が付きませんでした
なるほど興味深いものがあります。
by Sazaby (2011-11-06 12:20) 

yosi

五ぼう星のつづきですね。
古代史はゆっくり読んでみたいところです。(^^)ダイスキ
by yosi (2011-11-06 18:10) 

susumu

◇hanamuraさんへ
久しぶりの五芒星の旅です。といっても9月のお話ですけど・・・。(笑)
伊勢神宮へは何回も訪れていますが、参道の石灯籠に「ダビデの星」が刻まれていたなんて、まったく知りませんでした。実に謎~ですね。^^
伊勢うどんは麺はちょっと太くて柔らかめなうどんで、お手軽に食べられますね~。
hanamuraさんの「うどん」生醤油ランチにはちょっとしたアレンジが加えられてそうで、興味深々です。^^
by susumu (2011-11-06 18:54) 

susumu

◇アルマさんへ
外宮も今は式年遷宮のため工事中なのです。
もし行かれるのでしたら式年遷宮で新しくなった社殿もいいかもですね。^^
「三ツ石」はみなさんご存知のようで手をかざしてましたね~。これは外宮参拝のお楽しみですね。
六芒星は謎ですね。前回の五芒星の旅で「天の橋立」にある「籠神社(このじんじゃ)」に行きました。元伊勢といわれている「籠神社」の神紋は「三つ巴紋」なのですが、実はもう一つの神紋は「六芒星」ではないかといわれている神社です。実際絵馬に六芒星が描かれているみたいです。
なので、伊雑宮の神紋ももしかしたら・・・。う~ん、謎ですね。^^
by susumu (2011-11-06 19:36) 

susumu

◇Sazabyさんへ
大変長らくお待たせいたしましたが、軒丸瓦の文字の解読はこんな感じになりました。
たぶんぐるっと一周すれば、伊勢音頭の歌詞がわかったと思いますが、裏は行けませんでしたから~。(笑)
内宮参道の石灯籠の六芒星は自分も気がつかなかったです。何度も来てるはずなのに・・・。^^
本当に謎ですよね~。
まあ、こうゆう不思議を見るのもまた楽しいですね。^^v
by susumu (2011-11-06 19:48) 

susumu

◇yosiさんへ
ちょっと時間があきましたが、五芒星の続きです。といっても9月のお話ですが・・・。(笑)
古代史は本当に面白くて興味深いですね。
まあ、謎は謎のままなのでしょうが、そっちの方がロマンがあっていいかもです。^^
五芒星の旅はまだまだ続きますよ~。^^v
by susumu (2011-11-06 19:55) 

suzy

こんばんは!ついに出ましたお膝元~

ありがたや~ありがたや~
(って近すぎてありがたみを感じるようになったのは随分大人になってからだけど)
そして毎回外宮を省いて内宮→おはらい町のコースでパパッと済ませがち・・


お馴染みの伊勢神宮も五芒星の旅目線で巡るとまた違った感慨がありますね。
六芒星や瓦の伊勢音頭の文字・・・私も知りませんでした~。
何度も行っているのに 知らない事いっぱいありますね(^_^;)
またチェックしてみます

ああ 伊勢うどん食べたい
あのうどんのぶよぶよ感と甘辛いタレが堪らんね
( ̄~; ̄)
by suzy (2011-11-06 22:39) 

susumu

◇suzyさんへ
やっとやってまいりましたお膝元~。^^
元伊勢から伊勢へ・・・
天照大御神や豊受大御神がたどったゆかりの場所かと思うと感慨深いですね。^^
伊勢神宮は内宮がメインですから、大体は内宮→おはらい町のコースですよね。
伊勢神宮の神秘性とおはらい町やおかげ横丁の楽しさは何度いっても魅了してくれます。
ありがたや~ありがたや~ ^^
自分も何度も行ってるのに、六芒星とか知りませんでした。
今回参道の石灯籠を確認してみて改めてそうだったんだ~って思った次第デス。
伊勢神宮は別宮も素晴しいし何かまだ秘密がありそうですね。^^
伊勢うどんは伊勢神宮に参拝しに行ったときぐらいしか食べてませんが、シンプルで美味しいですね。
ネギだけっていうのもネギ好きの自分にはたまらんデス。^^
by susumu (2011-11-06 23:39) 

響

伊勢うどんはシンプルですねぇ。
屋根の上に色々あって面白いです。
もし行く事があったら
上も見ながら歩かなきゃ!

by (2011-11-07 01:38) 

半世紀少年

覚えてますよこの地図上の星印。
ボクが訪問し始めた時の記事だったような・・・。
『日光東照宮の三猿とは真逆の猿たち』・・・いいですね。
よく見て、よく聞いて、きちんと会話をしなきゃぁね。(^v^)
by 半世紀少年 (2011-11-07 08:09) 

susumu

◇響さんへ
伊勢うどんは麺はちょっと太くて柔らかめなうどんですが、シンプルでお手軽なので、
ささっと食べれます。^^
このあたりは素敵なお店だらけなので、なかなか上には目がいかないですけど、
もし伊勢神宮に来られたときは屋根の上にも注目ですね。
猿の他にもいろいろいますよ~。^^
by susumu (2011-11-07 21:29) 

susumu

◇半世紀少年さんへ
「大地に描かれた五芒星の旅」へ行こうかなって思い立ったのが今年の1月で、実際に1ケ所目の熊野本宮大社を訪れたのがゴールデンウィークでしたからね~。
早く廻らないと今年が終わってしまいます。(笑)
おかげ横丁のこの猿たち、いいですよね。
何だか微笑ましいデス。^^
by susumu (2011-11-07 21:45) 

ANIKI

大木が沢山ですね~。さすがは1000年以上の歴史。
パワーストーンも囲いがあって、ほんと厳かな雰囲気。自分はよく自称
パワーストーンの場所でよくお参りしてしまいますから^^。
日光東照宮のお猿さんたちとは違うんですね。土地柄なのかな~。前向き
な姿勢がnice!ですよ^^。
うどんがシンプル!!食べてみたい~。。
by ANIKI (2011-11-07 23:57) 

susumu

◇ANIKIさんへ
やっぱり伊勢神宮の御神木というのでしょうか、大木の杜は素晴しいです。
その雰囲気には只々圧倒されるばかりです。^^
日光東照宮の三猿は確か「悪いことを、見ざる、言わざる、聞かざる」だったと思いますが、おかげ横丁の三猿は「よいことを、よく見て・よく聞いて・よく話す」ってことなのでしょうか・・・。^^
おかげ横丁をぶらぶらしながら、こんなもの見つけるのも楽しいですね。^^
もちろん赤福とか伊勢うどんとか、美味しいものもたくさんあります。^^v
by susumu (2011-11-08 20:31) 

かいかい

伊勢神宮はこの夏に行きましたよ。
赤福氷食べて、伊勢うどんも食べて来ました。
毎年夏の赤福氷はもう恒例行事って感じです(^^)

御神木に囲まれた伊勢神宮は
いつ行ってもパワーがもらえる所ですね。

石灯籠の六芒星は自分も知らなかったので
次行く時は灯篭って頭に入れて見てみたいと思います。

by かいかい (2011-11-09 20:45) 

chie

三重県って遠い。。。
行ってみたいけど 写真で我慢する(ノω;`)シクシク

by chie (2011-11-10 22:44) 

susumu

◇かいかいさんへ
伊勢神宮はやっぱり三重県人の心のふるさとですから~。^^
参拝のあとは、おはらい町通りをうろうろして美味しいものを食べて帰るのが楽しみですからね~。
といっても自分は久しぶりだったので、新鮮な気持ちで楽しめました。
内宮の参道は何度も通っているのに、石灯籠の六芒星なんて全然気づきませんでしたから、不思議なものですね。
実はこの後、伊勢道路を通って天岩戸へ行ってきました。
伊勢道路は大好きでバイクで走ると本当に気持ちいいですね。
あの神聖な雰囲気は本当に素晴しいなって、改めてそう思いました。^^
by susumu (2011-11-11 19:28) 

susumu

◇chieさんへ
chieさんのところからだとやっぱり三重県は遠いかな。^^
三重県は南北に長いので、三重県北部に住んでる自分でさえ、南の方はちょっと遠いな~って感じがしますから~。^^
自分は他の県に行ってることが多いですが、三重県にもまだまだ素敵なところがありますから、機会があれば紹介していきたいと思います。^^
あ、もちろんマイペースで・・・。(笑)
by susumu (2011-11-11 19:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。